様々なデザインが存在する金沢の婚約指輪の相場について

サイトマップ

婚約指輪

結婚指輪の起源

左手の薬指に光る結婚指輪は、古くから永遠の愛の証とされてきました。とは言っても、金沢において、結婚するカップルが結婚指輪を購入するようになったのは戦後からです。では、そもそも結婚の際に指輪を交換することは、どこから始まったのでしょうか。ここでは結婚指輪のルーツを探ってみます。
結婚指輪の起源は、古代ローマと言われています。9世紀のローマ帝国において、当時の教皇が最初に結婚の誓いの印として、指輪を用いたようです。しかし、ローマ教皇がそのように指輪を用いるよりも前に、指輪を愛の証として認識する習慣は存在していました。例えば、古代ギリシャの時代には、男性が愛を伝えるために意中の女性に指輪を贈ることがあったようです。その後、西洋諸国にこの習慣が伝わり、16世紀には教会で結婚式が執り行なわれるようになりました。金沢で挙式の際に指輪の交換を行なうようになったのは、その頃のことだと言われています。
このように、結婚指輪の歴史は長く、様々な習慣を経て今の形になってきました。でも、その意味合いは遠い昔からずっと変わっていません。「愛」と「誓い」の象徴です。金沢で結婚指輪を選ぶ際には、その指輪の意味するところを、二人でじっくり考えたいものです。

おすすめ記事

婚約指輪の選び方についてです

愛する人のために婚約指輪を手に入れたいけれど、どれがいいのか分からない。そんな悩みを持っている人もいますね。ここでは婚約指輪の選び方について見ていく事にしましょう。・婚約指輪の…

婚約指輪を贈ったほうが良い理由

金沢で交際中の恋人にプロポーズをするとき、婚約指輪を用意する人もいるでしょう。そうでなければ、プロポーズ後に二人で選ぶカップルも多いかもしれません。いずれにしろ婚約指輪は、二人がこれか…

結婚したら婚約指輪は付けないの?

金沢では婚約指輪も結婚指輪も、両方頂いたという方が多くいらっしゃることと思います。しかし、金沢で結婚した後は結婚指輪を付けるため、婚約指輪はなかなか付ける機会がないという方も多…

結婚指輪の起源

左手の薬指に光る結婚指輪は、古くから永遠の愛の証とされてきました。とは言っても、金沢において、結婚するカップルが結婚指輪を購入するようになったのは戦後からです。では、そもそも結婚の際に…

TOPへ